> ENGLISH > アクセス > 連絡先

ホーム

研究室概要
研究テーマ
講義・ゼミ
    講義要目
メンバー
研究業績
学位論文
リンク

> ENGLISH

環境音響学

新領域創成科学研究科 2単位/S1,S2ターム 火曜日4限(隔年)/柏・環境棟講義室6

概要:人々の居住生活における音環境について、建築・都市・地域の各空間スケールにおける諸問題を概説するとともに、評価・予測・制御の方法論ならびに社会制度や文化的な営みに関して講義を行う。具体的な講義項目は以下の通りであり、講義最後に受講者自らが音環境に関わる調査レポートを発表する。
  1. 序論:音環境のあり方
  2. 音環境に関する制度1:都市音環境と騒音規制
  3. 音環境に関する制度2:室内音環境と建築音響性能
  4. 音環境の測定・評価1:音響測定器と環境騒音測定
  5. 音環境の測定・評価2:建築部位と室内音響特性の測定
  6. 音環境の解析・予測1:屋外騒音伝搬の実務的予測
  7. 音環境の解析・予測2:室内音場と建築部位性能の解析
  8. 音環境の制御・計画1:騒音制御技術と遮音設計
  9. 音環境の制御・計画2:地域音環境計画と音風景論
  10. レポート発表会
成績評価:出席・レポート

環境音響学演習

新領域創成科学研究科 2単位/S1,S2ターム 火曜日4,5限(隔年)/柏・環境棟ゼミ室61

概要:音環境の計測・分析・評価に関する基礎技術について概説するとともに、実験室・屋内・屋外において各種機器を用いた演習を行う。具体的な演習項目は以下の通りであり、受講者は演習1回を担当して準備からデータ整理までを行い、最後にレポートを発表する。
  1. ガイダンス:聴感トレーニング
  2. レポート課題説明:音響制作(収録・編集・加工方法)
  3. 実験室演習1:無響室内の音響伝搬測定(音響計測、周波数分析)
  4. 実験室演習2:シミュレーション音場の聴感実験(音響信号処理、聴感評価)
  5. 屋内演習1:オーディトリアムの室内音響特性分析(インパルス応答計測、室内音響指標分析)
  6. 屋内演習2:建築音響対策に関する音響実験(騒音伝搬測定、遮音性能測定)
  7. 屋外演習1:屋外の音環境調査(環境騒音測定、音事象記述)
  8. 屋外演習2:都市空間の音環境調査(行動観察、心理評価)
  9. レポート発表会
成績評価:出席・レポート

社会文化環境学概論(分担)

新領域創成科学研究科 2単位/S1ターム 4月1限/柏・環境棟講義室6

題目:都市の音環境
概要:都市居住において音が果たす役割やもたらす弊害について、音響の物理・心理といった基礎的側面から社会・文化的な側面にわたり、様々な観点から解釈を得る。具体的には、1)騒音問題の歴史と現状、法規制、対策技術、2)公共空間の建築音響とサイン音、3)住宅の音環境の現状と音響性能、4)サウンドスケープとしての音環境の理解、以上4つの題材を通して、音環境計画のあり方を考える。
成績評価:出席・レポート

空間環境形成論演習(分担)

新領域創成科学研究科 2単位/S1,S2ターム 金曜日4,5限/柏・環境棟講義室6

概要:空間環境形成には様々な側面があり、多様な取り組みが行われている。本演習では、学内外の講師陣により、実務から研究レベルまで様々な取り組みの実態や考え方を紹介する。
成績評価:出席・レポート

建築音環境

工学部 2単位/S1,S2ターム 水曜日1限/本郷・工学部1号館12号講義室

概要:建築と音環境の関わりを物理・心理的側面から理解し、音環境設計の方法論・技術・制度を学習する。
  1. 概論
  2. 音の基礎1:音波
  3. 音の基礎2:聴覚
  4. 音の伝搬
  5. 室内の音場1
  6. 室内の音場2
  7. 吸音と材料・構造
  8. 遮音と材料・構造
  9. 騒音の測定・評価
  10. 遮音の測定・設計
  11. 床衝撃音・固体音の防止設計
  12. 設備騒音の防止設計
  13. 室内音響計画
成績評価:出席・筆記試験

環境・設備演習(分担)

工学部 2単位/A1,A2ターム 火曜日4,5限/本郷・工学部1号館15号講義室

題目:
  1. 騒音測定
  2. 室内音響測定
成績評価:出席・レポート

環境工学概論(分担)

工学部 2単位/A1,A2ターム 金曜日1限/本郷・工学部8号館83講義室

題目:
  1. 人と音環境
  2. 建築音響
  3. 騒音・振動
成績評価:出席・レポート

建築総合演習(分担)

工学部 2単位/A1,A2ターム 木曜日3,4限/現地

概要:建設会社技術研究所の見学会
成績評価:出席・レポート

Since 1998 © SAKUMA LAB